オーバスペックかも

 スペックは高いほど良いのは当然ですが、必要以上に上げてもコストがかかるばかりで効果はわずかしかありません。従って、パソコンの選定では、その用途に必要な最小限のスペックを正確に把握したうえで行うことが無駄にコストをかけないために必要不可欠と言えます。しかし、残念ながら、新入生等に、必要以上あるいは不適切な推奨スペックが示されることが少なくなく、結果として新入生やその保護者に過大な負担を強いる現実がまま見られます。ここでは、このような現状の改善に向けて、学習や出張用途に必要最小限の実用スペックを定義し、それを満たすノートパソコンが3万円程度かそれ以下で購入できることを示します。