整備

 メモリ8GB以上、SSD512GB以上の新型のCore/Ryzen CPU搭載機に乗り換えるしかないと思っているあなた、ちょっとあきらめるのが早いかもしれません。メモリ8GB以上でまだまだ余裕のはずなのに、なぜか応答が悪くなったと思っているあなたも、このページを参考に、是非、チューニングにチャレンジしてみてください。メモリを4GBしか搭載していないとか、実用スペックマシンでは、当然ですが、8GB以上搭載しているマシンでも、思った以上に快適に動作するようになるでしょう。System Mechanicまで導入し、On-demand Boostを高にするところまで設定すれば、購入時以上に快適化するのは間違いありません。また、電池もちが1年もしないうちに著しく低下してしまったあなた、同じ失敗をしないようこのページを参考に電池に優しい8割充電を是非設定ください。