性能スコアの怪

 CPUの違いによって、アプリの起動、Webブラウジング、文書作成、表計算など普段の作業効率に最も影響する基本的な性能は高々2.7倍程度の差に過ぎないのに、総合性能スコアの方は10倍近くも差が広がる怪、ご存じでしたか。価格コムのスペックに示される性能スコアを見比べれば、コスパベストの機種が瞬時に見極められると早合点しているあなた、ゲーム目的でないのなら総合性能スコアのトリック?に引っかかっているかもしれませんよ。バッテリ駆動でのRyzenの性能低下の程度はCoreのそれよりかなり大きいでもそうですが、性能スコアを鵜呑みにするのでは、適切な選定は行えないことに心する必要があります。