Ryzen 4000 Seriesは、電池駆動で性能半減 !?

 Ryzen 4000 Seriesは電池駆動での性能低下がCore Seriesに比べ非常に大きいことが、Intelにより以下の通り指摘されています。

ノートPCの“真の性能”はバッテリー駆動時に分かる Intelが説明

Intel、“AMDのノートはバッテリ駆動時に性能が大きく低下”と指摘

電池駆動の性能評価結果を掲載しているレビューはわずかですが、そこにはIntelの指摘通りの性能減が実際に生じ、文書作成等(PCMark 10 Productivity、Writing Score)では半減まで低下することが以下の通り示されています。

Ryzenはバッテリー駆動時にパフォーマンスが大きく低下する?

Deep Dive: Intel 'Tiger Lake' vs. AMD 'Renoir,' Which Laptop CPU Wins on Performance?

Ryzen Mobile搭載で性能良好! ビジネスノートとして魅力的な「ThinkPad X13」

残念ながら、ほとんどのレビューで電池駆動での性能評価結果は示されていませんが、これでは持ち歩いてACコンセントのないところで利用することの多い軽量機種に対しては、片手落ちと言わざるを得ません。なお、電池駆動時もAC駆動の通常電力消費モードで動かせば性能低下を回避できることになりますが、軽量性と電池持ちを両立できなくなるため、軽量機種での回避は実現不能と思われます。もし、そのような機種を見つけられたらコメントください。

なお、後継のRyzen 5000シリーズでは、この性能低下の問題がCPPCサポートにより大きく改善されている。どこまで改善されているかの具体的な報告が待たれる。

0コメント

  • 1000 / 1000

軽量ノートパソコンの選定から、整備補強、セキュリティ強化、通信費削減まで

忖度レビューから、大半のユーザに無用な性能の強調、性能スコアの不適切参照、フリーウェアの過小評価まで、 パソコン界に蔓延る買い煽り、高額化誘導を、パソコン歴40年以上のToshiが暴く!?