労せずゲット !? 光回線高額キャッシュバック

 携帯キャリア同様、キャッシュバックや大幅な値引きがあるのは知ってはいても、乗り換え工事/設定の手間、使用不能期間等でペイしないと思い込んではいませんか。しかし、NTTのフレッツ系の光回線間で乗り換えるのであれば、この考えは正しくなくなっています。2019年7月1日以降、解約、新規契約の手順が不要となり、自宅における工事が不要な事業者変更あるいは転用により乗り換えが可能になっているからです。また、PPPoE接続では必要であった設定も、VPN接続やネットゲームとは無縁で標準のIPoE接続で済ませられるというのであれば不要だからです。従って、スマホ/携帯とのセット割の縛りがないのならば、契約更新のタイミングで転用あるいは事業者変更により出戻りにならないプロバイダ(光コラボ)に乗り換えることで、高額のキャッシュバックあるいは料金の割引優遇をほとんど労せず得ることができます。例えば、OCN光への事業者変更であれば、ほぼ承諾番号を取得してラプターにWebで申し込むだけ(以下の手順参照)の手間で4万円ものキャッシュバックを得ることができます。この転用あるいは事業者変更の場合、OCN光以外では、直接、光コラボのプロバイダーにWebで申し込むのがベストのようです。

事業者変更の手順

1.利用中の光コラボとIPoE接続サービスの廃止調整の上、事業者変更承諾番号(有効期間15日)取得

2.乗りかえ先の光コラボ/代理店に有効期限内に申込み

3.開通の連絡

4.接続設定をして、新たな光コラボで利用開始

転用の手順

1.転用承諾番号(有効期限15日)をNTT東日本/西日本より取得

2.乗りかえ先の光コラボ/代理店へ有効期限内に申込み

3.開通の連絡

4.接続設定をして、新たな光コラボで利用開始

5.フレッツ光で利用していたプロバイダーを解約


 もちろん、工事の手間、使用不能期間発生のいずれも甘受するというのであれば、契約更新のタイミングで、解約、新規契約の手順を踏めば、より高額なキャッシュバックあるいは割引優遇を受けることができます。なお、新規契約の場合は、忘れたころのメール受信によるキャッシュバック受け取り手続きができるのであれば、価格comから申し込むのがベストのようです。インターネット代理店の中には、受け取り手続き不要でキャッシュバックを確実に受け取れるところがありますが、価格comに比べ、キャッシュバック額がかなり少なくなります。量販店は、店頭での申し込みが可能ですが、キャッシュバックや料金優遇がさらに少なくなります。電話勧誘は、悪質な業者が少なくないので即お断りするのが賢明でしょう。

 ただし、キャッシュバックや割引に気を取られプロバイダ選びを誤ると、混雑時に速度が著しく低下したり、テレワークや一部ネットゲームで支障を来すことも起こりうるので、要所を押さえたうえで、乗換え先を選定することが必要です。

0コメント

  • 1000 / 1000

軽量ノートパソコンの選定から、整備補強、セキュリティ強化、通信費削減まで

パソコン情報に蔓延る買い煽り(忖度レビューから、ユーザの大半に無用な性能向上の強調、性能スコアの過大化/不適切参照、フリーウェアの過小評価まで)を、パソコン歴30年以上、 パソコン教室の構築/運営経験7年のToshiが暴く!?